スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝の内側の痛み

初発はH22年9月ランニング後 再発はH24年5月ゴルフ後 ここから治らない言う 右膝内側 鵞足(ガソク)部が痛いという 股関節周辺も繋がったように違和感がある
整形外科を転々としていた レントゲンやMRI検査もして膝関節炎や加齢による半月板の劣化と診断されてます
整体 カイロも行ったが治らずコダマカイロへ来院

検査
腱反射正常 
右大腿四頭筋筋力低下 萎縮あり
右パトリックテスト陽性 膝の内側にも疼痛
触診や伸張で大腿内側に筋肉の緊張が強い

1回目の治療で前より良くなったと喜ぶものの2日目の治療ではあまり変わらずという
何処行っても直らない理由 何で膝の内側が痛いのか?何故 内側が緊張してるのか?考えないといけませんね?


鵞足(ガソク)は縫工筋と薄筋と半腱様筋の3つ腱から構成されます
縫工筋 薄筋の停止部は脛骨祖面内側 半腱様筋は脛骨近位前面内側部

大腿四頭筋が弱い この拮抗筋は?股関節屈筋で大殿筋 ハムストリング
                膝伸展でハムストリング 薄筋 縫工筋 ヒフク筋
協力筋は? 内側に関して言えば縫工筋や内転筋群 股関節部では大腰筋 腸骨筋などです

四頭筋が弱いので拮抗筋や協力筋が代用されますよね? 股関節も動きが悪くなり違和感が出るのはそのためです

ですから硬い筋肉がほぐれればその時はいいのですが又痛いとなります 患者さんにも協力してもらい四頭筋のトレーニングが必要になりますがやり方を間違えると痛みが出ます なるべく協力筋が作用しないやり方を指導しないと駄目!
整形で教わったスクワットは膝内側が痛くなり中止した経験があるようです 

筋の緩和操作と関節の可動域を改善させながら上手にトレーニングさせて中長期的になることを理解してもらう必要があります

過緊張筋を見つけたら、協力筋の弱化を見つける または弱化筋を見つけたら協力筋の過緊張を見つける 1つのアプローチですね 

世田谷区三軒茶屋のカイロプラクティック 整体 腰痛 肩こり
コダマカイロプラクティックセンター 

治療院のHP
 http://hw001.spaaqs.ne.jp/kod/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。