スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能神経学

とある先生のブログにすでにアメリカでは当初のヘミスフェリシティーは古いモデルとなってると書いてある

米国ではというかDrキャリックはすごいスピードで進化しているようです

神経の左右差の検査で盲点 動眼神経 舌咽迷走神経 血圧 舌下神経 聴力 嗅覚 三半規管 眼球運動 

サーモグラフィー 表面筋電計など使って調べていますが

左右どちら側に偏った結果が出ることは今のところあまりないなというのが実感で子供の発達障害でそういうケースがあるのかな?

それと眼球運動が重要だと 年末のキャリックブレインセンターで働いたことがある先生が最初は眼球運動の講義だけで
75時間受けると聞いてましたからそうなんですね

眼が物を言う 目は脳の1部 普通でも言われてますが神経学ではとても大事な知識で深く勉強してみたいものです

でも本がない!!

世田谷区三軒茶屋のカイロプラクティック 整体 腰痛 肩こり
コダマカイロプラクティックセンター 

治療院のHP
 http://hw001.spaaqs.ne.jp/kod/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。