スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下行性疼痛抑制の抑制を軽減する方法  (ややこしい)

疼痛を抑制しているものを抑制している事を抑制するということは疼痛を抑制するということですよ。??
下行性疼痛抑制を中枢にアプローチして強めるという事

神経は痛みも常に感じているしその痛みも常に抑制しています
だから抑制が抑制されると痛みが出ます。

筋骨格系の問題なら通常の治療で治りますが中枢性の問題や慢性疼痛は簡単には治らないでしょ?
下行性疼痛抑制の経路 中脳心灰白質ー橋の青班核ー延髄の大縫線核ー脊髄後角に行きます
この経路を刺激して機能を上げれば下行抑制を強くできますよね。
SBCA2294.jpg


眼を使います 眼は中脳です
右下見ると右目は動眼神経の下直筋 左目は滑車神経の上斜筋です(対側)
左上を見ます これは右目が下斜筋(動眼神経) 左目は上直筋(動眼神経)
ですから

左上から右下の動きは右の中脳を活性化します

反対の右上から左下の動きは左の中脳が活性化されます

下行性疼痛抑制の経路は延髄も通ります。この刺激は舌下神経を使います。舌の筋肉ですよ
下行経路は中脳から脊髄後角まで交差しないで下行してきますので同側の刺激ですよ!

臨床で使える具体的な答えはたとえば右側に痛みがあり通常の治療じゃ取れない時
眼球運動は左上・右下です これと同時に舌を左の内ほほを押すように出します。(舌の右の筋肉を使ってる事になりますよね)


橋の青班核を刺激するのに外直筋(外転神経)も使えますが反対の眼は内直筋(動眼神経)左右の脳を刺激しますのでどうだろう?

脳神経は基本的に同側支配だが動眼神経と滑車神経は対側支配です

そして中脳よりもっと上位の島皮質からも下行してきます 島皮質は内臓のMAPがあるところで
この刺激の仕方は自分の心臓の拍動を感じる練習です

このほか神経学のDrのオリジナルメソッドがあるんですがこれは書くとまずいんでしょうね?


世田谷区三軒茶屋のカイロプラクティック 整体 腰痛 肩こり
コダマカイロプラクティックセンター 

治療院のHP
 http://hw001.spaaqs.ne.jp/kod/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。