FC2ブログ

古典から学ぶアーユルヴェーダを読んで

アーユルヴェーダの特徴的な原理は

ドーシャ(体質) ダートゥー(体の構成要素) マラ(老廃物) アグニ(消化力) アーマ(未消化物) スロータス(経絡・管)

これらを自分の西洋医学の知識に当てはめて考えればこんなことを何千年も前から考えていたとは凄いことだなとびっくりです

ドーシャに当てはめると
Vata 移動させて下へ下ろし
Pitta 腸で消化させ
kapha 固定させる
という感じでしょうか

特に消化 食べたのが身体になり良くないものを食べれば消化不良アーマが増えダートゥーが悪くなる
そう考えればわかりやすい

機能性医学で栄養学学んでも基本的な生活すなわち適切な食事 規則正しい睡眠が非常に大事

では何故これが出来ない人が多いのでしょうか?
生活が自分のペースではない 残業とか 休みが少ない
我欲が抑制できない 暴飲暴食 偏食 アルコール 喫煙 ストレス

アーユルヴェーダでは精神の事をマナスといいドーシャとマナスはスロータスの中を動くと書いてありました
という事は精神(マナス)がすべてに影響することも理解できます 

西洋医学は部分的な悪い所しか診ない傾向にあり多くの科に現在は細分化されてしまっています

医療人であるなら本来病気を見るのではなく病人を見るべきです

アーユルヴェーダはこれらの基本概念を応用して治療してるんだなと読み終わり理解しました

とても良い本でした
84175264_2804308676330824_3722165598134730752_o.jpg



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索