FC2ブログ

ピンホール原理

ピンホール原理とは?

近視・遠視の場合、目に入った光は目の網膜部分からずれた位置に焦点が合うようになってしまっています。ピンホール(孔)を通して見ることで目に入ってくる光の範囲が制限され、正視に近い位置に焦点が合うようになり、ハッキリ見えるようになります。

これは、小さな穴によって目に入ってくる光の量が制限されることで、水晶体を通る光の屈折率も小さくなり、ピントが合いやすくなるためです。
要は、遠くが見えないときに目を細めてみるのと同じ原理です。

水晶体の厚みを調節している毛様体筋(もうようたいきん)をさほど使う必要がなくなるため、疲労していた毛様体筋が活力をとりもどし、遠くにピントを合わせやすくなる

光の調節を行なう虹彩筋(こうさいきん)が刺激・強化され、光の量を絞っている瞳孔をより小さく絞ることができ、網膜に光が届きやすくなる

pinhole.gif

ということは知っていたのですが
私は遠くが見えない時に目を細めると見えが良くなり指で目じりの外側を外側に引っ張ると見えが良くなるのでやるのですが友達は同じことをしても見えが良くならない

何でなのか説明できないでいたんですが先日同級生と飲み会があり隣の友達がそれはまつ毛の隙間から見てるのでピンホール原理と同じだと言われハット気が付きスッキリ!

友達はまつ毛が短いので下へ降りてこないのでこの効果がないという事です

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索