FC2ブログ

三軒茶屋 整体 カイロプラクティック

疲れると瞼が下がり目が小さくなるのは何故?どうしたらいいのか?という質問を受けました

上眼瞼挙筋は動眼神経を使い動かしていて対側の大脳皮質から命令されて脳幹の同側の中脳から動眼神経を使う

ですのでこの経路に問題があるのか?上眼瞼挙筋自体に問題があるのか?考えます
単なる老化であることもあります

今回は疲れてくると目が小さくなる(瞼が下がる)という事なので
大脳皮質の疲労で機能低下してるのか?動眼神経をあまり使わなく不活性になってるのか?考えたのですが 両目の症状という事なので脳幹部の中脳の不活性が原因なのかなと考えました

前庭系と動眼神経を考慮してリハビリを考えました

外眼筋では上直筋 下直筋が動眼神経支配 純粋な動眼神経支配は輻輳反射 つまり内直筋を左右で使う より目の事です

この筋肉を使う眼球運動すなわち眼の上下運動 寄り目をエクササイズしてもらいます
外眼筋の動き


次に前庭系リハビリは前半器官を興奮させて眼の動きも動眼神経を使うようにマッチさせます

眼は正面1点を注視させて右のおでこを床に動かします(顔を左下に向かせます)
左のおでこを床に顔を右下に向かせます


左下を向いた時には右眼は右上に動き動眼神経支配の上直筋を使います(外直筋も使う)
左眼は動眼神経支配の下斜筋と内直筋を使います

前庭系で脳への入力を上げて皮質を活性化
眼球運動で出力を上げる
というリハビリです

瞳孔括約筋も動眼神経支配ですでの対光反射などで眼に光を入れて縮瞳させます
光の入れ方は左右とも外側から内側(鼻側)へ入れます
 光を向けた方向の脳が活性化します

ものを見るとき、眼は水晶体の厚さを調節しピントを合わせています。
この調節にかかわっているのが「毛様体筋」という筋肉で、水晶体を引っ張ったり緩めたりしています。

遠くを見るときは、毛様体筋が緩まり、水晶体を薄くしてピントを合わせます。
一方、近くを見るときは、毛様体筋が緊張(収縮)して水晶体を膨らませてピントを合わせます。

室内で近くばかり見ていて毛様体筋の疲労も考えられるので時々明るい遠くを見るのも
毛様体筋を休ませ縮瞳で動眼神経を刺激するのもいいでしょう

整体や普通のカイロプラクティックだと筋肉が緊張してる
骨が歪んでいる 自律神経が乱れているとかしか考えられない先生が多いと思います

自分でゴッドハンドとかプロ中のプロとか言ってる先生もいますが
基礎医学が大事なのです

それが頭に入ってないと見えてこないんです
私としては当たり前の事なのでプロ中のプロなんて思わない
そもそも自分の事凄いと思う人はいるのでしょうか?
自分は普通と思いますよね

自分に出来ないことやる人や考えてる人は凄いと思いますよね


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索