スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKのキラーストレス1のまとめ

ストレス反応とは
ストレス→扁桃体→副腎ストレスホルモン→心拍数増加→血液の粘度増加→交感神経Up→血圧上昇
長く続くとストレスホルモンが体の中に大量に蓄積→心拍数増加→血圧上昇→血管の負担
最悪 脳出血

13428416_1082169318502940_4022068961485496335_n.jpg

心筋の血流量減少
ストレスホルモンが心拍数増加
交感神経が心筋の血管を収縮
最悪心不全になる
ストレスホルモンが増え免疫細胞を刺激するとATF3遺伝子がONになり癌細胞への攻撃低下→癌細胞増加
歯周病の菌などが血管に入り動脈硬化の壁に細菌が侵入する。そこへストレスホルモンが加わると血中の鉄分がくっついてきて栄養として細菌が増殖し血管壁が破られる
篇桃体から延髄を経由して自律神経に行く経路もあるので
延髄の神経細胞の突起の数が増えれば篇桃体からの情報が過剰に伝わり自律神経を興奮させてしまう
また延髄から副腎の経路もあり延髄の神経細胞の突起の数が増えれば副腎から過剰なストレスホルモンが分泌される
適度な運動をすると延髄の神経細胞の突起の数が50%減少してこれらを予防 抑制できるマウスの実験結果がある


運動は確かにいいのですが実際ストレス性の問題で身体が不調の患者さんは運動すれば治るのか?
そんな簡単ではありません

やはりストレスの原因を突き止めて除去する 環境的に出来ない場合も多いので自分の受け止め方考え方を変えるようなカウンセリングやセッションの方法が必要です

コダマカイロでは感情解放敵テクニック(EFT)やダイアネティックスを使います

マッサージ指圧にも メンタル面の健康を助けてくれる作用があります
(米国のメイヨークリニックによると、マッサージとは皮膚、筋肉、腱や靭帯を押したり、さすったりする治療を指す用語です。マッサージセラピストは、通常、手や指を使ってマッサージしますが、腕や肘、足を使うこともあります。我々は身体に不調がある時にマッサージを受けますが、これは精神的な不調にも効果があるようです。事実、マッサージは、うつ、注意欠陥多動性障害、心的外傷後ストレスをはじめとする多くの心理的な問題の治療に役立つとされています。
マイアミ大学医学部の研究者は、セラピーがストレスホルモンのコルチゾールを最大53%減少させることを発見しました。このように専門的な研究では、マッサージセラピーは、従来の投薬治療を補完するだけでなく、不安症やうつなどの精神的な不調の効果的な治療法として認識されています。)

そしてカイロプラクティックは機能神経学を学んで臨床に使えればに大脳皮質の機能を高めることも可能です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。