スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中枢神経への入力を増やす

コダマカイロプラクティックセンターでは筋骨格系のバランスと神経系のバランスを考えて施術しています
この記事は神経系のバランスの話です 入力 出力のバランス 左右のバランスとかあります

とある機能神経学の勉強会で私の隣に座っていたのが日本オリンピック委員会専任メディカルスタッフとしてもご活躍されている江口先生でした。

その勉強会で先生が作られたマークスボードという物を使い乗る前と乗ったあとでサッケードやパスート ブラインドスポットなどがどのように変化するのか?という面白いワークを皆でやりました

詳細は内容となるので書けないのですが

私の例だけご紹介します
私の場合いつも右のブラインドスポットが大きくなります
これに対して今まで小さくなるアプローチはありませんでした

マークスボードへ前後 左右乗りバランスを取って視覚 固有受容器 前庭器官からの入力を高めて中枢を刺激したらどうなるか?
ということです FC2のブログだと画像が大きくなり見難くなりすみません
P_20160621_160437.jpg
左右に傾かないようにバランスを取ります
P_20160621_160441.jpg

P_20160621_160510.jpg
前後に傾かないようにバランスをとります
P_20160621_160508.jpg
これプラス乗りながらある視覚の入力を上げました

私が今まで使っていたのはこれ↓ マークスボードより安定していてバランスが取りやすく乗りやすいです。高齢者はこれでもいいかもしれません
P_20160621_161750.jpg

マークスボードに乗り筋肉 関節 腱 皮膚 固有受容器を活性化させたわけです プラス視覚からの入力

そして再度ブラインドスポット検査をすると何と!!小さくなってるではありませんか!

カイロプラクティックアジャストメントでも左右考えて通常のアジャストメントではなくカップルドモーションアジャストメントすればそうなると思われますが私にそのアジャストメントできる人がいなくというか機会がなく自分では出来ないので試したことが無いのですが
改善したのでビックリ感動しました!

固有受容器から前庭小脳からの入力刺激は強力だな?と
そして片側だけアプローチしたわけではありません

2人一組でやったので私のパートナーはボードに乗る前にサッケードのおかしな動きが見られましたが
乗った後にサッケードの動きがよくなりました 眼の動きの刺激もしました(出力です)

ちなみに私のブラインドスポットの大きさは目の動きの刺激だけでは改善しません

これは早速使い 色々やってみようと思う矢先 事故り入院3ヶ月となりました。。。

自分の足が痛いので下行疼痛抑制も皮質の機能が上がれば 疼痛も抑制されます

脳幹から交感神経を抑制するIMLへの経路もあります

患者さんにも使いますが自分にも使わないとですね





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。