スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体性ー自律神経反射

我々徒手療法家は患者さんの皮膚に刺激をあたえます。

その刺激が身体にどんな影響があるのか? 臨床生理学ですね

↓の本の中に、上脊髄反射と脊髄反射のことが書かれています

taiseijiritusinkei.jpg
実はこの研究の共同研究者、訳者の大沢助教授が指圧の専門学校のときの生理学の先生でして2007年に本が出る前から内容は知っていたんですがカイロプラクターにも適応できる内容となっています 

上脊髄反射は脳幹(延髄)を介して自律神経(副交感神経)を興奮させる反射です
手や足への刺激で上脊髄反射が現れます
よって内蔵機能を高めます
     
脊髄反射は脊髄を介した自律神経(交感神経)を興奮させる反射です
体幹部を刺激すると脊髄反射が現れます
よって内臓の興奮を抑えます

内蔵の機能低下が交感神経型か副交感神経型なのかで刺激する場所を体幹か手足 四肢なのか決めればいいわけです

全身指圧をした場合は体幹も四肢も指圧します この場合は副交感神経の機能が高まります
脈拍 血圧も低下して 縮撞して 鼻も詰まります

筋肉の真ん中 を押すと筋紡錘が働き余計に収縮するから駄目と言う考え方の方もいますが
押した筋肉のことだけを考えたらそうなりますが脊髄や脳幹またはその上にある脳からの反射もあるわけです
皮膚筋肉を押すと軸索反射が起こります。

軸索反射の際に感覚神経から放出されるサブスタンスPやCGRPにより血管拡張、心拍数減少および心筋収縮力増大を起こす作用があります。

筋紡錘作用は反射の中の1つに過ぎません

体性ー自律神経反射にもどります

胃で説明しますと

四肢への刺激では上脊髄反射で胃に行く迷走神経の活動が亢進して、胃の蠕動運動が活発になります。

腹部への刺激では脊髄反射で胃に行く交感神経の活動が亢進して、胃の蠕動運動が弱まります。

ですからお腹のマッサージとか内臓マニピュレーションも考えてやった方が良いですね

筋紡錘 腱の受容器の刺激は自律神経に影響しません 

関節への刺激 カイロプラクティックマニュピレーションは脊髄反射の交感神経反射と上脊髄反射の中枢からの下行抑制が総合して自律神経反射がおきます

有毛な皮膚への軽摩ではオキシトシンというホルモンが出ますので刺激の強さ でも違ってきます

体幹への強い刺激 又は痛い刺激は交感神経が亢進するので強圧な指圧 マッサージは身体は緊張状態になります

内臓マニュピレーションは体性ー自律神経生理学的には内臓の動きは抑制されます

筋紡錘 腱の受容器を刺激して小脳路を使い脳を活性化するのか? ホルモンを出して精神的に安定させるのか?
交感神経を亢進させるのか?副交感神経を亢進させたいのか?で刺激を強度方法を場所を使い分けて施術するわけです

テクニックを作ったカイロのDrやオステのDrの方法に説明が出来ない 証明が出来ない 何故なんだ?という所がありますでしょ? だから生理学者の研究結果を自分で学び施術に使えばいいわけです


   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。