スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPKが29000の患者さん

35歳 白人 男性

初診時

主な症状
息を吸うと左の背中の上のほうの問題 左

腰痛 左

頚がSore

側頭部の頭痛

リンパエリアがTender ソケイ部と脇 左右

検査はこれといった異常は見られない
各所リンパの腫れも 触診での痛みなどもなし

誘発テスト
息を大きく吸うと背中が引っかかる感じ
前屈で左腰に張り

1回目は普通に施術して背中の違和感は軽減 腰はまだ張るというが施術終了

5日後電話があり来院
問題が発生したから相談といい クリニックの検査結果の紙を見る

え!!CPK29000!!
SBCA4237.jpg
背中の筋肉の損傷にしては高すぎるし こんなに高い数値の患者は見たことが無い
まずは心筋梗塞を疑う
別の紙を見ると
心電図もとってきたようで
SBCA4242.jpg

SBCA4239.jpg

SBCA4240.jpg

勉強不足と昔の記憶がなくなっていて心電図が読めない。。。
出ている薬からすると心筋梗塞の心電図ではなさそう
血圧の検査では脈拍52なので徐脈なんですが運動をしてるというし
CPK異常高値で徐脈 あやしいなー  検査では出なくても後からやはり心筋梗塞になった患者さんもいましたから

SBCA4241.jpg
ところがドクターの説明が日本語でほとんどわからず帰ってきてしまい
私も英語が出来ないので心筋梗塞の話は8割はわかってくれたようだが詳しく説明したいので日本語がわかる友達に電話してくれと頼み通訳をしてもらい
心筋梗塞の可能性もあるので詳しく通訳していただきました

でも背中はずれているような感じなのでそこは施術して欲しいという

説明中にかなり緊張して震えだしてしまい 血圧も跳ね上がってしまい (160・120)

りラックスできるような圧受容器の刺激や迷走神経反射を利用して軽い指圧から始めて最後に腰椎と胸椎のアジャストをして終了 今度は腰はいいが背中はまだ良くわからないという 水分とって運動しないでおとなしくしてるように伝え終了

帰宅後どうにもCPK29000が頭から離れず 考えていた 筋肉が壊れる病気なのか?中枢神経の破壊が始まってるのか?
リンパの緊張と言っていたのでどこかの癌とかなのか?

どれにしても筋骨格系の問題じゃないし禁忌症なんだけど 心配で心配で

連絡無かったら電話してみます

後日自転車に乗ってる彼を見た



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ

Author:東京都世田谷区三軒茶屋のコダマカイロ
構造・食・精神のストレスを取り除き健康になる事のお手伝いをしている東京都世田谷区三軒茶屋で2000年開業のカイロプラクティック治療院
---------------------
カイロプラクティックは筋骨格系を調整して機能を治す事により背骨から出ている3つの神経すなわち、筋肉を動かす運動神経と痛みを伝える知覚神経と内臓などを動かしている自律神経の生理機能を改善させて脳からの神経の流れを本来の状態に戻し自然治癒力を高めるWHOが認めている医療です。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。